English page
ホーム ギャラリー 美術館リンク 中国歴代年表 用語解説 美術品鑑定 お問い合わせ 会社概要
 
Gallery
青銅器 新石器、漢、南北朝時代  
宋、金時代
元、明、清時代 文房至宝など
チベット密教美術
新入荷商品
 
 
 
 

  唐代の文化は、北朝からは整然たる政治的文化をうけついで完成し、南朝からはおもに芸術文化を受け継ぎ、新たな展開を遂げた。同時に主として西方からの外来文化にも寛容で、唐文化は著しく国際的性格を持つようになった。そこには南北朝時代に積み重ねられた貴族文化の精華と異国趣味にあふれる外来文化との結合した華麗な文化が、貴族階級を担い手として成立した。とくに文学と芸術にその特色が示されている。

  漆器・織物・陶磁器・金工など、工芸の発達もめざましく、その遺品は奈良東大寺の正倉院で見られる。特に陶磁には、北朝の後期、六世紀の華北では、伝統ある鉛釉を復活させ、華南の青磁や黒釉の技を受け止め、ついには白磁や三彩を開発するまでに作陶活動は大躍進をとげた。

  西アジア刺激は、技ではなく、作風の面での刺激であった。西アジアの文化がシルクロードを経由して中国に紹介され、貴族の時代の富裕層を潤していく。かつて外国から影響を受けたことのない造形史は、ここで珍しく、西アジアの造形が色濃く投影する時期を迎えた。そのため、陶磁界には、商時代以来、長く支配を受けてきた青銅器から全く解放され、造形意匠の新風が吹き込む。結果としては西アジアの金、銀、銅器やガラス器が新しい造形の重要な源となった。形だけではなく、装飾文様の面でも西アジアの文様が登場してくる。葡萄文様、パルメット文様、西アジアの風俗や人物などが意匠化された。

 
     
 
1  /  2  
 
 
     
 
1 いななく駱駝
(618-907)
高さ:74.6 cm
215 三彩女俑 (1対)英国OXFORD大学鑑定書付き
(618-907)
高さ:30.8 cm
3 神王
(618-907)
高さ:89.5 cm
4 神王
(618-907)
高さ:78.5 cm
216 三彩万年壺
(618-907)
高さ:16.1 cm   胴径:17.2 cm
口径:9.9 cm   底径:9.5 cm
210 三彩双龍耳壺
(618-907)
高さ:28.2 cm
 
7 貴婦人俑
(618-907)
高さ:39.7 cm
8 騎馬女子俑
(618-907)
高さ:42.8 cm
9 菱形文の万年壺
(618-907)
高さ:20.9 cm   胴径:22.2 cm
10 
(618-907)
高さ:12.1 cm   胴径:17.6 cm
1  /  2  
 
   
Copyright ©2001 - 2009 China Art co., ltd. All rights reserved.