中国美術  
English page
中国美術ライン
ホーム ギャラリー 美術館リンク 中国歴代年表 用語解説 美術品鑑定 お問い合わせ 会社概要
 
 
   コンテンツ:
      やきものとは          やきもの成形方法          器形のいろいろ
 
やきものとは                                                                          トップへ
やきものとは積土に練って形を作り、焼き固めたものである。材料の土の種類、焼成 した素地の硬度、密度、吸水性、釉薬の有無などの物理的条件によって、土器、b器 (せっき)、陶器、磁器に大別される。しかしこの分類の基準は厳密なものではなく、 中国、日本、欧米で大きく認識の異なる点もある。
土 器: 粘土を成形して施釉をせずに約700〜800度の低温で焼成した焼き物である。そのため もろく、吸水性が高い(10%以上)が、耐火性は高いので煮炊きや貯蔵には適している。 中国の紅陶、彩陶、日本の縄文土器、弥生土器などが代表例である。中国ではこのような 特徴をもつやきものにたいして、陶器という名称をあてている。
b 器: 英語のstonewareの日本語訳である。粘土を成形し、1200〜1300度の高温で還元焔 焼成したもの。欧米では釉薬の有無を問わず、素地が白くない硬質のやきものの総称として 用いられ、青磁も含んでいる。日本では須恵器、備前、信楽、常滑などの無釉焼締め陶をさ していう
陶 器: 若干のガラス質(珪酸)を含んだ陶土を使用し、施釉をして約800〜900度から1200 度で焼成した堅いやきものをいう。日本では須恵器、備前、信楽、常滑などの焼締め陶を合わ せて広義の陶器として分類することもある。
磁 器: ガラス質(珪酸)を多く含んだ磁土を使用し、施釉をして約1300度での高温焼成により釉 とともにガラスに近い状態となったやきもの。そのため透過性があり吸水性はほどんどなく (0.5%)、叩くと金属性の音を発する。中国では歴史的に”瓷”の字を用いており、”磁器” とした場合河北省の磁州窯産の器の意味をもつことにもなる。
 
やきもの成形方法                                                                     トップへ
やきものにはさまざまな成形方法があり、素地(採掘した陶土や磁土を作陶に適するよう に精製したもの)の性質や、器形にあわせて使い分けられている。
手び練: 轆轤(ろくろ)や型を使わず、手で直接素地を形作る方法。新石器時代の土器に見られる ように最も早くから行われた成形方法である。手捏(づく)ねともいう。
紐作り: 表面をひも状にして一段ずつ巻き上げ、接合部を整えながら成形する方法。ひも土巻き上げ、 巻き上げ、巻積み、輪積み成形などともいう。土器や大形陶器の成形に用いられる。
板作り: 板状に作った素地を貼り合わせる成形法。角瓶、角鉢などの成形に用いる。
型作り: 土製や木製の型に素地を流し込んだり押し当てたりして成形する方法。大量生産をする場合や、 彫塑的な複雑な器形を作るのに適している。型打ち、型抜き、型起こしともいう。
轆轤作り: 轆轤の上に素地をのせ、その回転の遠心力を利用して土を引き上げる成形方法。轆轤の構造 や回転のさせ方、回転方向には地域によって違いがある。水挽き成形ともいい、単に回転台 を利用した表面調整とは区別する。
叩き作り: ひも作り成形した器形を調整、補強するために内側に当て板を当てながら、表面を叩き板で 叩いて成形する方法。叩き板には多くの場合素地の粘着を防ぐための凹凸があり、そのため 器表には叩き目が文様として残る。さらに叩き目の作る凹凸によって器物の表面積が増し、 煮炊きなどの使用時に火のまわりが良くなる利点もある。
 
器形のいろいろ                                                                    トップへ
盤: 浅く平らな容器。日本では皿という。
碗: 口の開いた小形の深い容器。
鉢: 口の開いた大形の深い容器。碗の大型のもの。
盆: 口の開き底部が広い、大形の深い容器
壺: 口がすぼまり、肩から胴にかけて膨らんだ形の容器。
瓶: 口が小さく、胴が長く伸びた形の容器。
Copyright ©2001 - 2009 China Art co., ltd. All rights reserved.